MENU

パチンコ転職ナビ

待ちの採用から攻めの採用に転換 ヒトナビ通信Vol35

  • ヒトナビ通信記事

2018.09.11

今月のヒトナビ通信  2018年9月 Vol35

 

【待ちの採用から攻めの採用に転換】

 

今年の5月・6月・7月三ヶ月連続で有効求人倍率が上昇しております。

特に東京都では、有効求人倍率2.16倍と最も高い数字となっており、今の日本がいかに働き手優位かが数字から読み取れます。

働き手が企業を選ぶ時代になっているため、求人広告を出して、ただ応募を待っている〈待ちの採用で〉は一切結果は期待できません。そこで今回は、攻めの採用手法を事例を用いてお伝えいたします。

 

 

 

図1を見ると売り手市場なので就業者数は増加傾向なのが分かります。

しかし、図2の年齢別の完全失業者数は、最もニーズが高い、25歳~34歳の完全失業率は約43万人と最も高い失業者数となっています。

そこで需要が高い、若手を集めるのに有効な手法がダイレクトリクルーティングです。

 

 

ダイレクトリクルーティングとは、下図のように企業から直接求職者にアプローチする手法のことを指します。

 

                                      ※ビズリーチ引用            

 

この中で特に採用に苦戦している中小の企業様は、赤枠のSNSの発信に注力頂きたいです。

SNS発信は極論0円で、自社のブランドをSNSを通じて拡散することができる最も最強のツールです。

 

実際に愛知県内でパチンコ店を運営している企業で、現場の方がYoutuberとして活躍しており、

その動画を業界の方が多くみており、実際に応募してみたい、面白そうと話す応募者がいます。

さらには、多くのファンがいる業界で有名な方(パチプロなど)のSNSを通じて、

自社を宣伝してもらうなど様々な用途を用いることができます。

待ちの採用では期待できないのなら、何かアクションをしていくことが大切です。  

 

文責:河合

 

更に条件を絞り込む

地域を選ぶ

年収から選ぶ

募集職種を選ぶ

こだわりから選ぶ

  • デザイン定期便
  • 漫画で見るパチンコ転職ナビ
  • 履歴書作成
  • パチンコ転職ナビの特長

pagetop